公明正大な生き方が素晴らしい。

最終更新: 5月13日



皆さんはこの言葉を何処かで聞いた事があったかと思います。


『公明正大』私心をはさまず、公正に事を行うこと。また、そのさま。

公明とは、公平で私心のないこと。不正や隠し立てがないこと。

正大は態度や行動などが正しくて堂々としている。


人は神様でも仏様でもありませんから、色んな誘惑につい負けてしまう事があります。

私自信もそうです。


若気の至りで、粋がって生きていた頃は振り返ると私の人生はジェットコースターに乗っている様なものでした。

還暦も過ぎ残された時間がとても大切な事に気付いてからは、穏やかで平凡な毎日を過ごす事がどれだけ大変な事かを知りました。

これからどれだけ生きれるかは分かりませんが、タイトルにある様に残された時間を人様に迷惑を掛けず何か人の為社会の為になれる生き方ができればと思える様になりました。


私は風俗業界で長く仕事をしてきて色んな事を体験しました。良かった事嬉しい事もありましたが、計画が失敗したり人に裏切られ悔んだり落ち込んだ事は幾度もありました。

でもそれがあったからこそ今の自分がいます。


風俗業界ばかりではありませんが、この業界は特に誘惑が多い業界です。

女性を扱う仕事で性欲を掻き立てる仕事です。


風俗業界で働く男性スタッフは、自分の気の緩みで全ての信用を一瞬に失う事になる危険も潜んでいる事を深く心に刻んで下さい。

そうなれば自分だけでなく家族にも迷惑を掛けてしまいます。


キャストを守り気持ち良くお仕事してもらうのがスタッフの役目ですが、自分の欲望発散の為に

嘘をついて関係を迫る大馬鹿者も実際います。


「バレないから大丈夫」っと思っている人がいるならそれは間違っています。

必ずバレます。


公明正大に生きていれば「バレるんじゃないか」っとビクビクしなくてもいいんです。

一切の不安も無く仕事に集中できる事が一番幸せです。


今一度自分の心に問いかけてみて下さい。

公明正大に生きたいかを・・・・・






4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示